熊本 歯科 熊本市 歯科【山下歯科・矯正歯科】インプラント 歯周病治療 入れ歯

ハートフル


ニュートラルリレーション(正しい咬み合わせとは、歯列、咀嚼筋、顎関節と重力との調和が取れている状態)という考え方に基づいて、全ての治療を行っております。 あらゆる歯科治療の根底にあるべき考え方です。当院の治療は小さな虫歯の治療をはじめ、入れ歯、矯正、咬み合わせの治療まで、全ての治療がこの考え方をベースに行われております。
歯周病は大人の80%の人が感染している細菌による感染症です。
当院は顕微鏡でお口の中をチェックします。歯周病が見つかったらお薬で退治します。すると歯周病は改善するんです。
当院では従来のインプラント治療も行っていますが、従来のインプラント手術と違い、ドリルを殆ど使用しない新しいインプラントも行っています。
健康な歯をいつまでも守るためのPMTC(予防歯科)
小児歯科にも痛みの少ない優しく、優れた治療
当院は顕微鏡でお口の中をチェックします。歯周病が見つかったらお薬で退治します。
歯周病について
 

歯周病は歯の表面につくプラーク:歯垢(写真:細菌の塊り)によっておこる文字通り「歯の周りの病気」です。
歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎に分けられます。
世間一般で言われている歯槽膿漏は歯周炎です。
 
通常は物をかじったりしただけでは歯茎から血は出ません。歯茎の腫れや出血がある場合は歯周病が考えられます。歯周病は成人の80%以上が罹患するといわれています。
歯周病の変化
健康な歯茎
ピンク色で引き締まっている
歯周病は歯肉溝からはじまります。
歯肉炎
歯茎がはれてきた、血が出る
歯肉溝にプラークがたまり、歯肉が炎症で腫れて、歯肉ポケットになっています。まだ歯根膜や歯槽骨は破壊されていません。
軽度歯周炎
歯茎がすいてきた
歯肉の腫れが大きくなり、歯周病菌が歯周組織に進入し、歯槽骨や歯根膜も破壊され始めています。プラークや歯石が歯周ポケットにたまっています。
中等度歯周炎
歯が長くなったように見える
炎症が拡大して歯槽骨も歯の根の長さの半分近くまで破壊され、歯がぐらつきはじめました。歯周ポケットも深くなっています。
重度歯周炎
歯がグラグラになった
歯槽骨が半分以上破壊され、歯はグラグラして抜け落ちる前の状態です。
歯周病の症状
症状としては歯茎からの出血・口臭・歯茎の腫れ・歯の動揺・知覚過敏など
歯周病の治療
 
歯周内科治療は位相差顕微鏡で、お口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、動画管理システムに記録しそれらの微生物に感受性の ある薬剤を選択し、微生物叢を非常に綺麗な状態に改善することで歯周病を内科的に治す治療方法です。
治療前の非常に汚れた微生物叢が治療後 は非常に短期間で綺麗に改善し、術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されるという利点があることが知られています。
また、はっきりと自覚 できる程、歯茎からの出血や排膿が短期間で改善されます。以前は、長時間歯磨きや外科治療によって1〜2年の治療期間でそのような綺麗な微 生物叢を獲得していたのです。
・・・治療前・・・
・・・治療後・・・
歯周病菌が広がっている 歯周病菌が減少し健康な歯肉が戻り出している
約一週間後の変化
微生物叢が改善されたら、歯石を除去します。その場合も、微生物叢が改善されていると、冷たいものがしみるというような症状が非常に少なく なることが知られています。
(なお、前歯においては短期間で歯茎が縮むので歯が伸びたような感覚が生じることがあります。そのような場合には残念ながら通常の治療では 元々骨が溶けている状態ですので改善は難しいようです。その場合は特殊な審美外科を行う必要があるかもしれません。)

従来の歯周病の治療(歯ブラシの練習や歯石除去)も行っております。
 ドリルをほとんど使わないインプラント方法
顎の骨がやせてしまって、インプラントが行なえない・・・など、どんな症例にも対応することができます。ドリルを殆ど使わないので骨を損なわず、歯ぐきも最低限しか切らずに済むため、処置後の経過がよく、通常の方法に比べ負担が少なくてすみます。
@ 0.5mmの小さな穴を骨にあけます。
A その穴から極細の器具で細い穴をあけます。
B 器具で、細い穴を少しずつ押し広げていきます。
穴が広がっていくと同時に骨が押し広げられ、細い骨を太くすることが出来ます。
C 器具の径を替えて徐々骨幅の拡大をします。
D
E 骨を補強しながら増やすことが出来、理想的な位置に十分に太くて長いインプラントを入れることが可能です。
新しいインプラント 従来のインプラント
新しいインプラント方法は、木工に例えるならばキリで穴をあけ、そこに太めの器具を入れて徐々に押し広げていく感じになります。
細い骨を太くすることが出来ます。
従来のインプラント方法は、だんだん太いドリルで骨を削り、穴を大きくしていきます。
骨の太さを変えることは出来ず、骨は削られて少なくなります。
PMTCrofessional echanical ooth Cleaning)
 
むし歯と歯周病を予防するポイントは、プラークの増殖を抑制し、歯や歯肉に悪影響を及ぼさないようにいつもコントロールすることです。
 
PMTCとは、ご自分の歯磨きなどではではどうしても取りにくい歯垢(悪い細菌の塊)を歯科医・歯科衛生士が医療器具を使い徹底的にこすり落とすことです。
 
年齢や個人差によって頑固な歯垢の着き方が違いますので、その人に応じて定期的にクリーニングすることで歯の健康を基本的に保てます。
上下前歯のみ:
¥5,250


上下全歯:
¥7,350
1) 機械による清掃(写真)
2) フロッシング・歯間ブラシによる清掃
3) 研磨
4) 舌ブラシ
 『小児歯科ではできるだけ削らない、抜かない治療を行っております。虫歯の治療、矯正治療を含め、いかに正常な永久歯列のかみ合わせに誘導するか、が大きな目的となります。
歯医者嫌いにならないように、「歯医者さん大好き!」と言ってもらえるような医院づくりをスタッフ一同心掛けています。』
【A】顎を拡大するための床装置
この装置を使って歯が並ぶ大きさまで、顎を広げていきます。

【B】とじろーくん
口唇閉鎖力のトレーニング器具

【C】リットレメーター
「口唇の力測定」→「口唇の引っ張り強さの測定と引っ張り強さのトレーニング器具」
このページトップトップページへ戻る


Copyright
〒862-0975 熊本県熊本市中央区新屋敷3丁目9番4号山アビル5階 096-373-6480 (医)相禮会  新屋敷 山下歯科・矯正歯科
医院紹介
診療時間
院内紹介
滅菌システム
設備機器
案内地図
駐車場案内
診療案内
歯周病
歯周病について
歯周病の変化
歯周病の症状
歯周病の治療
インプラント
予防歯科(PMTC)
小児歯科
矯正歯科治療
デーモンシステム
床矯正
ホワイトニング
ホワイトニングの流れ
ホワイトニングの症例
ホワイトニングの費用
着色除去
スタッフ紹介
歯科衛生士求人
HOME